茅ヶ崎ロータリークラブ 2019-20年度 澤邑 重夫 第60代会長方針 
 


ロータリーの魅力を確認しよう
 
















澤邑 重夫 会長

 

 
茅ヶ崎ロータリークラブ2019〜2020年度会長を務めさせていただくことになりました。

今回も、幸いにして杉本剛昭幹事をはじめ、とても頼もしい皆様に理事および委員長に就任いただきました。

甚だ微力ではございますが、会員の皆様のご協力を仰ぎながらクラブ運営に励む所存ですので何卒宜しくお願い致します。

さて、次年度は茅ヶ崎ロータリークラブ創立60年です。

これは、私たち茅ヶ崎ロータリークラブの歴史を再確認する絶好の機会ではないでしょうか。

さて、マーク・ダニエル・マローニーRI会長は2019〜20年度のテーマとして、

「ROTARY CONNECTS THE WORLD」
「ロータリーは世界をつなぐ」


と掲げられました。

マローニー会長は「ロータリーはつながりである、ロータリーのつながりは、我々の人生を変えるほどの力がある」とおっしゃっています。

また、杉岡芳樹 第2780地区ガバナーは、本年度の地区テーマとして、

「一クラブ 一奉仕プロジェクトを」

を掲げられました。

以上の方針を受け、本年度 茅ヶ崎ロータリークラブのテーマは、

「ロータリーの魅力を確認しよう」


としたいと思います。

この意味は、ロータリーを理解し、さらに実践することで個々のロータリーライフの充実に繋がり、誇れる会員による「誇れるクラブ」となっていこうというものです。

具体的な活動方針として、次の3点を挙げさせて頂きます。

1:更なる例会の充実を図ります。
ロータリーライフの充実には会員相互の親睦を更に深めることが重要です。そのためには例会への出席が必須です。既に我がクラブの出席率は高い水準を維持しておりますが、これからも例会の出席率が90%を下がることのないよう努力いたします。

2:親睦と奉仕を楽しみます。
委員会活動を活性化して親睦と議論の場を増やすことで奉仕活動について検討する機会を増やし、ロータリーライフの充実につなげます。

3:ロータリーの仲間を増やします
素晴らしい伝統と歴史ある茅ヶ崎ロータリークラブを新しい仲間に知ってもらいたいと思います。そのために、ロータリーを知ってもらう機会を増やしたいと思います。今年度の目標として、会員数50名に到達すべく頑張って参ります。

今年度はロータリーの原点を見つめ直し、更に魅力ある茅ヶ崎ロータリークラブとなるよう目指して参りますので、会員の皆様には充実したロータリーライフを楽しんでいただくとともに、ご支援、ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。